2015年7月16日木曜日

政治家は政治に関心が強い人のことしか考えていないのかね

さくっと気持ちを書きとめるために。まとまってはない

昨日衆議院の委員会で安保法案の採決が行われた。
その中身や議論の過程に触れるものではない。

採決に至るまでの課程、あるいは採決を見て、
「政治に関心を持とう」と思う若者が増えるのかどうか。

近年の政党は政治に関心を持ってもらい、新たな支持者になってもらう努力を怠ってきていると、
自分は思っている。

やっているのは一部の政治への関心の強い人たちの中でどう票を奪い合うのか。
そして、その一部の人たちだけの票で勝つためには、投票率が上がらないほうが良い。
あるいは、選挙の時にいかに風を吹かせて自分たちに「無党派層」が投票してくれるのか。

そりゃあ、若者は政治に関心を持たないよ。投票に行かないよ。
どんどん高齢化していく支持層のほうばかり向いている政治。
どんどん構成員の数が減っている各種団体ばかり向いている政治。

政治に関心が薄い人にどうやって政治に興味関心を持ってもらうのか。
政治を自分事に考えてもらうのか。
そんなことを考えているんだろかと、いぶかしんでしまうことも多々ある。



安全保障の今回の議論を多少なりとも中身を知っていて、議論の過程を知っている人じゃなくて、
政治に関心がほぼない人の立場になって考えてみて。
あるいは今回の法案に関心はあるが、自分の中で賛成反対を明確に決めれずにもやもやしていて、それでも重要なタイミングだということで知ろうとしている人がどういう考えなのか。


首相含め多くのヤジが飛び交うっていうニュースだけをちらっと見た人が、政治に関心をもとうって思うのか。
昨日の採決時の委員会室の様子。
もやもやしていた人がこの様子をみてどう思うのか。


昨年の都知事選の際にこんなことを書いた。

伝え方を上からの押し付けにすること。
自分たちが頑張っているんだ感が出過ぎること。
そして、自分たちの思いに共感しない人を否定すること。
これらからは何も生まれない。
いい悪いはおいといて、選挙に思いを強く持っていない有権者が多いなか、
政治側はがどのような伝え方で有権者の心を動かすか。
年中夢求 ハラケンのブログ: 「雪の中頑張っております」っていう候補者陣営があれば、そこは有権者のことを何もわかっていない  より


法案の中身や重要性に関心を持つ前に、”政治”に関心を持ってもらうことが必要なのに。
よくわからんけど、政治はくそだねってなるだけだよね・・・

ほんとまとまってなくてすいません

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...