2018年11月11日日曜日

2018年マニフェスト大賞、特別審査員賞として桐生市議会を選出しました

11月9日六本木ヒルズにて第13回マニフェスト大賞授賞式が執り行われた。

これは、元三重県知事北川正恭氏がはじめたものです。全国の首長・議会・自治体・市民などの、社会における素晴らしい取り組みを表彰し 意欲向上を図るとともに、 全国に知られることによる「善政競争」を進めるために始めたものです。


実は僕は昨年度より特別審査員という形で、関わらせていただいています。多様な審査員が審査をする一般の審査とは異なり、僕自身の視点で素晴らしいと感じたものを表彰させていただいている。

今年、僕が選ばせていただいたのは、桐生市議会の取組。
市議会として、地元企業の合同新入社員の研修会に行き、新入社員との対話の場を作った取組だ。

若者と政治をつなぐ活動を10年間やってきた中で、僕自身が大事にしていることの1つの、「待たずに入っていく」という点が素晴らしい取組だと感じた。

18歳選挙権を機に、高校を中心とした学校への行政・議会出前授業の取り組みは広がってきている。多くは選挙管理委員会が中心とした取り組みだが、大阪府議会・三重県議会・可児市議会・新見市議会等、議会が学校へ行く例も増えてきている。
しかし、今回の桐生市議会のようん、「社会人」の場に出ていく事例は稀有だ。

10代の投票率に比べて20代の投票率が低い状況が続いている。
さらに言えば、10代の中でも、高校生の投票率は特に高い。
その理由として2つ挙げてみたい。
1:先生や出前授業の時に、投票参加・政治参加の大事さを伝えられること
2:同一コミュニティ内で、選挙政治の話が出ること (1とも連動する)

今回の桐生市議会の取り組みは、合同研修会に”入っていく”ということで、20代や若手社会人の投票率向上・政治参画意識向上を狙っている斬新な事例。

福祉の分野では「アウトリーチ」。つまりは、建物や窓口から飛び出し、どんどん訪問などをしていくことの重要性が長らく言われ実践をされている。

企画を作って待つのではなく、どんどん”入っていく”ことで政治参画のきっかけを色んな人に届けていく取組が広がってほしい。

桐生市議会のみなさん、おめでとうございます!!

引き続き頑張ります。

2018年10月1日月曜日

沖縄知事選の争点は辺野古移設にならなかった。世代間の投票行動の差から考える


2018年9月30日に沖縄知事選が行われ、前知事の後継者として立候補をしていた玉城デニー氏が初当選した。

沖縄県知事選 玉城デニー氏 初当選 | NHKニュース  




世代別の投票先の2つの着目点


詳しい分析はしていないし、沖縄の空気感なども分からないのですが、世代別の投票先を表した出口調査で気になる点が2点。

1:世代によって支持傾向が違っていること
グラフをみればお分かりの通り。このような傾向は2015年の大阪都構想に関する住民投票の際あたりからよく見られるようになっている。
今回は結果でみれば、上の世代がより望む結果になったと言える。
ちなみに、昨年の衆院選では、どちらかといえば、若い世代が望む結果となっている。
若い層は自民党。年齢が高くなるほど、野党に投票したという層が増えていきます。ただ、どの年齢層でも、比例投票先の第1位が自民党であることは変わりません。(2017年衆院選NHK特設サイトより)
少子高齢化・人口減少社会への変化にある日本。あるいは高度経済成長期やバブル期などの”繁栄”の時代を知らず、現状が当たり前となっている若者と、そうではない層の価値観や望みの違いが出てきている結果といえる。
10年ほど前であれば、政策が今の高齢者に片寄っており結果若者向けの政策への予算配分が少なくなる「シルバーデモクラシー」「世代間格差」が顕著にみられた。しかしながら、近年の国政選挙や今回の沖縄知事選においてはどの政党・候補者も若者向けの教育・子育て政策を強く掲げるようなっており、以前ほど「”現在の”世代間格差」が見られなくなっているともいえる。つまりは政策内容による世代間の投票先の違いは少なくなっているのではないかということである。

むしろ、「どの政策分野を主要政策として強く押し出すか」、または「色んな政策が細かく網羅されているか」に関しての情報の取り方の違い。あるいは「候補者・政党が設定するイシューとの価値観が近いか」といった、直観の違いが世代によって異なっており投票結果に反映されているのではないかと考えている。

(世代内での格差や、次世代への借金などをどう考えるかはしっかり議論すべきだと思うが)

2:若者層は投票先が割れ、高齢世代は差がついたのか。
もう一つ気になったのが、60代・70代の中で、かなり多くの方が玉城氏に投票をされたということ。投票者の中の3分の2以上の支持を得ている。
10代から30代では佐喜真氏支持の方が多いものの、大きな差がついているわけではない。
朝日新聞に記事によると以下のような投票先の判断基準があるそうだ。

「基地問題」が46%と「経済の活性化」の34%を上回った。「人柄や経歴」10%、「支援する政党や団体」4%と続いた。「基地問題」と答えた人の83%が玉城氏に投票、「経済の活性化」と答えた人の76%が佐喜真氏に投票(朝日新聞記事)
 世代別の違いが出ていないが、逆算して考えると多くの高齢世代が「基地問題」を重要だと考え、玉城氏に投票。そして、若者層は「基地問題」「経済の活性化」のどちらを重視するのか人によって違いがあったということだろう。おそらく「経済の活性化」を重視する層が多かったと推測される。

2005年の郵政改革選挙や2009年の政権交代選挙の際に「ワンイシュー選挙」という言葉が良く聞かれた。様々な政策があるなかで、あえて一つのことに有権者の関心を寄せ、反対か賛成かで投票先の決定を促していく戦略だ。

今回、高齢世代は「基地問題」ワンイシュー。つまりは多くの部分は「辺野古移設の是非」に関心が収斂されたのだろう。ちなみに、両候補とも基地返還を公約に掲げている。
そして、若者世代はそれぞれの中で重要視することが違った。

沖縄知事選の争点は辺野古移設にはならなかった

2018年7月7日土曜日

市長の役割、議会・議長の役割。相川さん出版記念イベントのメモ。本当にメモ・・・

今日は豪雨の影響で岡山入りが出来なくなったので、東京で勉強会に参加。
行きたいイベント二つあったんだけど、国内のことを知りたくてこっちに。

地方議会・地方自治における主権在民に関しての様々な取材をされている相川 俊英さんの出版記念イベント。
ゲストは元松坂市長の山中さんと、元飯綱町議会議長の寺島さん。お二方とももちろん存じ上げていたけど、直接長い時間の話を聞くのは初めてのことで大いに勉強になる!

自分は、「政治を学ぶ」ではなく「政治に出会う」と伝えているし、
基礎情報があってからの対話・議論だと思って企画も作っているのでかなり通じる部分があり刺激になりました。






備忘録的にメモを上げておきます。
本当にメモなので読んでも何のことかわからん方が多いと思うんですが汗


以下メモ


政治に関心を持とうではない。現場や他人や痛みを知る。
行政シュミレーションを示したうえでの対話。
いくつかの案を示したうえでの対話
市長としては、システムづくりと徹底的な予算の審議



議会改革3つの柱
・追認機関から脱し、議会の権限と役割、責任を果たすこと
・「チーム議会」としての善政競争
・住民参加・自治意識の向上のために「見える化」

明らかになったこと
・議員の意識改革
・持続的な活動のできる新たな“しくみ”をつくる
・新人議員の定期的研修会による議会力の継続性の追求
・議長選挙マニフェスト
・議会力は向上したが議員力の向上は今後の課題
スタートは75%の市民が議会を信頼していなかったが、今では7割の信頼度に

2018年6月27日水曜日

自民・二階氏の「産まない方が幸せ 勝手なこと」 発言が無責任だと感じる理由

自民党の二階幹事長が都内の講演で聴衆からの質問への回答の中で、

「この頃、子どもを産まない方が幸せに生活が送れるのではないかと勝手に考えている人がいる」
と発言をした。発言の前後も含めた全文に関しては荻上チキさんのTBSラジオのHPに掲載されている。

このニュースを見て、自分が最初に思ったことは「無責任だな!」ということ。

予見されていた将来の社会保障への対策を先送りにしていたことを棚に上げて、いまさら何をおっしゃっているんだと感じてしまったし、同様に感じる若い世代も多くいるのではないかと思う。



1980年代に出生率が2.0を下回り、将来的に急速な少子高齢化とそれに伴う社会保障を中心とした課題が予見されていたはず。それにも関わらず、抜本的な対策を講じることなく、今ままでの政治が耳障りの良い政策を続けてきたといえる。

にも関わらず、今更「産まない方が幸せ 勝手なこと」と述べ、少子化からの脱却と日本の繁栄の任を今の子育て世代に託すのは、長年政治の中心におられた方としては無責任かなと思う。

そして、この発言に苦言を呈する他の政治家の方々も、どこまで上記のような感覚を持っているのか気になるところです。

もちろん、何が幸せかどうかの価値観を政治家に定められたくないという意見も全く持って同意します。

次の世代につけを回していかないように、引き続き頑張ります。

2018年5月10日木曜日

32歳になりました。若者と政治をつなぐ探検家として引き続き動いていきます。

5月10日に無事32歳になりました。



この1年も相変わらず楽しいいろんな出会いや機会に恵まれた1年でした。
多くのチャレンジと達成と、失敗と後悔も。

何はともあれ、仲間や色んな方と、ワイワイやれていることに感謝!

さて、32歳の1年間での思っていることを箇条書きに宣言します。

代表を務めるYouthCreate関連
・YouthCreateのでやってきたことを冊子などの形に残し全国に広げていく
・拠点の中野での、若者の政治参画の街づくりを進める
・授業やイベント以外の日常での政治を話すきっかけづくりの企画
・スポーツ×政治企画を作り出す
・政治や行政を考えることに時間を割いた人が何らかの特典を得ることが出来る企画
・家庭で親子や夫婦で政治のことを話すきっかけづくり

個人の部分
・代表になったGlobalShapersTokyo(ダボス会議のU33コミュニティ)を盛り上げる
・海外に関わる企画や知見やネットワークを広げていく(夏にスイスに行けることに!)
・アドバイザリーボードの片隅としているTOKYO CITY FCにイベント実施などで貢献する
・勉強会などに積極的に参加して、学びとコミュニティを広げる
グリーンバード中野チームリーダーとしてゴミ拾いを通じたコミュニテイを広げる
・共同代表に就任した日本シティズンシップ教育フォーラムを通じた社会への影響を作る
・サッカーやマラソンをしっかりとして健康でいる!(酒も少し減らす!?)

ってな感じですかね。
正直、今後の身の振り方に悩んでいる時期でもあります。
「若者と政治をつなぐ」ことの重要性を理解しつつも、これまでと異なり、他に政治への関わりかたもあるのではと悩むこともあるし。
大学院に行くなどして学びをしっかりしたいとも思うし。
どの可能性も捨てることはせずに、でも今の役割を集中しつつ。
未来も楽しんで考えつつ。

1年やっていきます!

例年通りアマゾンでウィッシュリストを公開中。
↓↓
ハラケン32歳!引き続き若者と政治をつなぐ探検家として



またまたよろしければYouthCreateへのワンコインでの寄付なんかもお待ちしています!よりよい社会を作り続けるために若者と政治をつないでいきます。
https://syncable.biz/associate/youthcreate