2018年1月8日月曜日

18歳選挙権時代の成人の日の思うこと

ちらっとスーパーJチャンネルにてインタビューを放送いただきました。


何かへの怒りや不満ではなく、ワクワクや楽しさみたいなのが原動力になっている世代のかなと感じてます。
色んな形での情報収集ができるので、ワクワクをドンドン探して、つまらないものは不満に思うものは逆に見なくなっている。

若者政治をつなぐ活動をしている自分からすると、政治参画が彼らにとって、ワクワクに入るのかつまらないものに入るのか。

ちなみに、この世代は2016年参院選の時に全員が10代有権者(18歳・19歳)だったので、実は18歳選挙権初投票の世代でもあります。

すでに、投票という1つの区切りを超えている彼らが成人の日に何を思っているんでしょうかね。

ちなみに、自分はサークルの試合があったので東京にいて、地元岡山での成人式には出ませんでした。
その年の正月に小学校の頃の同窓会があったから、特に成人式に出る動機もなかったので。

年中夢求で頑張ります




【参加者募集中】新企画!Social Design in Politics!

「若者」と「政治家」の最適なコミュニケーションを学びつくりだそう《3回連続講座》
2018年1月26日(金) 19:30~21:30
第1回:投票率80%の国、スウェーデンから学ぶ「対話の場」の重要性
2月27日(火) 19:30~21:30
第2回:電通・若者研究部が考える多様化する若者と社会を作るコミュニケーション
3月16日(金) 19:30~21:30
第3回:「若者と政治をつなぐ」活動を通して作ってきた「若者」と「政治家」の新しい関係性

2018年1月5日金曜日

主権者教育は政治・選挙の事を教えることではなく、自分自身の生活を見ることである

<主権者教育の広まり>

選挙権年齢が18歳以上に引き下がり、高校現場を中心とした学校現場にて、模擬選挙や議論などを通じて政治や選挙の事を扱う授業が一気に行われてきた。
学生運動時代の悪しきなごりで学校で政治についてほとんど扱われていなかった状況が2015年まで続いていた。それがやっと変わり、
今後は、高等学校等の生徒が、国家・社会の形成に主体的に参画していくことがより一層期待される。
との通達が文部科学省から出された。
これを受け一気に主権者授業が進んできたわけである。

<主権者教育の定義>

”主権者教育”の定義について文部科学省・総務省は以下のように書いている。
文部科学省の「主権者教育の推進に関する検討チーム」最終まとめ~では、冒頭に
主権者教育の目的を、単に政治の仕組みについて必要な知識を習得させるにとどまらず、主権者として社会の中で自立し、他者と連携・協働しながら、社会を生き抜く力や地域の課題解決を社会の構成員の一人として主体的に担うことができる力を身に付けさせることとした。
とまとめている。

自分もメンバーの一人として関わった総務省の主権者教育の推進に関する有識者会議では、
社会の出来事を自ら考え、判断し、主体的に行動する主権者を育てること
とした。

2017年12月26日火曜日

NHKニュースウォッチ9に取り上げられました。若者が現状に満足したらいけないんでしょうか?

【NHKに取り上げられました。若者はどんな理由でどこに投票したのか?】

NHKニュースウォッチ9にて、自分が実施した大学生へのヒアリングの様子を12月22日に放送いただきました。
大学生約10人に集まってもらい、10月の衆院選においてどんな理由で、どの党に投票したかを聞いた場の様子です。
集まった学生は与党に投票した人と、野党に投票した人が約半々。いろんな話が聞けました。話の内容に関しての詳細をオープンにはするつもりは現時点ではありません。



しかし、色んな考えや悩みの元に投票をしていることが改めて分かりました。
与党側に投票した人でも、投票の際に重視したことは安全保障・経済・教育など様々でした。そして、民進党を指示していたけども衆議院選挙の際には民進党へ投票できなくなり、希望の党・立憲民主党ではなく自民党へ投票をした人がいたり。
また、野党に投票した人も同様に色々な考えでした。

そしてNHK内での放送内容やそこからの反響について思うことが色々とあったので、まとめて見ます。
注意していただきたいのは、この記事は各政党の政策や政治姿勢などへの賛否を論じるようなものでは全くないということです。


【では、NHKのニュースではどんな放送になっていたのか】

若者が“保守化”? “2人に1人が自民”というのがこの特集のタイトル。
内容がNHKのHPに上がっていましたので、まだご覧になっていない方はまずは以下のリンクを見てみてください。


若者が“保守化”? “2人に1人が自民”|特集ダイジェスト|NHK ニュースウオッチ9 



”若い世代の2人に1人が自民党に投票した形なんです。”との言葉と合わせて、NHKの選挙の際の調査が紹介されます。

次にヒアリングの様子が紹介され、各参加者の意見が紹介されます。
そして、東京大学橋元良明教授の調査の紹介。
「現在の生活に満足している」18~29歳の割合は約35%と他の世代より10ポイント前後高い一方で、「現在の国内政治に満足している」と答えた18歳~29歳は10%程度で他の世代との差はほとんどないことを紹介。
若い世代が、政治への「不満」よりも「安定」を優先した結果、自民党への圧倒的な投票につながった
と見解を述べられています。

2017年12月25日月曜日

171209北中野中学出前授業

12月9日は今年度3回目の中野区教育委員会と選挙管理委員会との協働出前授業。
3年で全区立中学校で出前授業をするという企画の10校目。

中野区の現状や計画に合わせた出前授業を実施しています。
また、中野区は縦に長い区なので北と南で全然中学生の回りの環境も異なります。
その辺りも考慮しながら授業構築。

YouthCreateはイベントではなく、出前授業として学校に入ることを常に意識しています。
なので、基本的によっぽど急なものを除き、学校の先生との事前打ち合わせはやります。
その中で、授業の内容や学年の雰囲気や、先生の日頃の想いを聞き、授業の細部に混ぜていきます。

地元ケーブルテレビ(JCOM)にも取り上げていただきました。


授業の詳細についてはYouthCreateのHPをご覧ください。

【北中野中学校で出前授業を実施しました「政治に関わる体験」】 | 学校出前授業 | NPO法人YouthCreate 

イベント告知
【参加者募集中】新企画!Social Design in Politics!「若者」と「政治家」の最適なコミュニケーションを学びつくりだそう《3回連続講座》 |

2017年12月19日火曜日

171205兵庫高校出前授業

2年連続兵庫高校の一年生向けの授業に読んでいただきました。
様々な取り組みをやっている学校で、主権者教育に関しても盛んです。

秋にあった衆議院選挙の各政党の公約を班ごとに調べて発表し、模擬投票を行うという授業からの流れで、生徒との対話を行いました。


特に伝えたのは、主体的な社会への関心と選挙以外の場での政治参画。

一人の主役として社会を見てもらえればなと。


学校のホームページでも丁寧に、生徒の感想とともに紹介いただいています。
兵庫高校ホームページはこちら
https://www2.hyogo-c.ed.jp/weblog2/hyogo-hs/?p=16855

生徒とのやり取りをもう少し、うまく回せればよかったかなと反省。

※登壇の際の備忘録的にこっちに載せていくことにしました