2014年2月8日土曜日

「雪の中頑張っております」っていう候補者陣営があれば、そこは有権者のことを何もわかっていない

今日は都知事選挙最終日。投票日当日である日曜日は選挙運動が出来ない。
そのため、前日の土曜日は各陣営ともに最後の訴えに奔走する。力を入れる。
しかし、そんな日に東京では10年に1回ともいわれる大雪。

仮に演説やSNS等で、
「雪の中〇〇は頑張っています!」「雪に負けずに〇〇は最後の訴えを」
とかって発言や投稿があればそれはすごく落胆する。
有権者のテンションがわかっていないなと思う。

候補者は間違いなくそんなことは言わないと思うが、
応援演説やスタッフが投稿しているであろうSNSなどではあり得る。
選挙に対しても、応援している候補者に対しても思いが強すぎるのである。

目線を有権者にあわせて、
「雪の中演説を聞いてくれてありがとうございます」
 というべきだとおもう。

候補者陣営と一般有権者のテンションの差が生み出す距離感

選挙にかぎらず、スポーツでも、受験でも、アイドルの追っかけでも、
熱狂している本人、さらにはそのような人たちの集まりと、
そうでない人との間には大きなテンションの差が生じる。
しかも選挙期間という限られた時間の最終日となればなおさらだ。


熱狂しているとは裏を返せば、周りが見えなくなっているとも言える。
その結果、選挙にい根拠しているわけではない一般の有権者の心に響かない。
「あ~、駅前で大きな声でうるさいな」となる。

自分も学生団体ivoteを立ち上げる前は、選挙事務所にガッツリと入って選挙を手伝っていた事もあった。
たしかにすごい非日常なんだ。
候補者を受からせて、社会をよくすることに向かって、多くの仲間と突っ走る。

でも、当然そのテンションは他の人には伝わらない。
仲の良い友達でも「がんばってるな~~」ぐらいのもんである。

このテンションの差により、有権者は政治に距離感を感じることになる。
選挙が他人ごとになる。あっちで勝手にやっている人たちになる。

YouthCreateで企画した候補者と有権者のTwitterを使ったコミュニケーション企画
「ASK TOKYO 2014 」でのハッシュタグは
#都知事候補だけど質問ある?
というゆるいものにして、このテンションの差を埋めようとした。

一般有権者はなぜ投票に行くか 

東京都選挙管理委員会の資料によると、
平成23年の都知事選の際の、投票の動機は、
「都政をよくするためには、投票することが大切だと思ったから」と回答した人が5割以上で、
「投票することは、義務であるから」が4割半ばである。
そして、3番目に「都知事になってほしい候補者がいたから」が続いている。
 東京都選挙管理委員会調査より 


投票に行った人の中で、「この候補者に受かって欲しい!!!」との思いの人これだけしかいない。
投票に行っていない人はさらに、この思いが少ないんだと思う。


結論として

自分たちの主張や思いを多くの人に伝え、投票所に行ってもらい、自分に投票をしてもらう。
それが選挙活動だと思う。

その伝え方を上からの押し付けにすること。
自分たちが頑張っているんだ感が出過ぎること。
そして、自分たちの思いに共感しない人を否定すること。

これらからは何も生まれない。

いい悪いはおいといて、選挙に思いを強く持っていない有権者が多いなか、
政治側はがどのような伝え方で有権者の心を動かすか。

選挙最終日。各陣営のみなさん頑張って下さい。
有権者として、自分もその頑張りを見届けて、考えて投票に行きます。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...